06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

アルジャーノンに花束を 9話

2015年06月06日
Pちゃん 皆様 お久しぶりでございますぅ~

さてと いよいよ9話となってしまいました。
正直 私なんぞが ブログに 言葉で文字で 感想とかなんちゃら言っちゃって
書いては申し訳ないように思ってます。
それほどに 素晴らしい脚本 演出 演技。
「アルジャーノンに花束を」全てに関わった方々に敬意を払いつつも
敢えて いつものように書かせて頂きます・・・

アルジャーノン 死んじゃった
アルジャーノンを埋めるシーン。
風磨演じる小久保くんは あんなに泣いてたのに
ALG-βを自分で注入した咲人は
感情が潜在レベルで解決されてしまうから
悲しみ方が違ったね。。。
初めてアルジャーノンに出会った時名前を教えてくれた。
「ん」を誇らしげに 足で押さえて キィーって鳴いたアルジャーノンが
余計に涙を誘ったわね。
アルジャーノンが好きだった高級そうなクッキーの箱。
PARISって書いてあったわ。
美術さんが作ったんだろうけど そのクッキーが欲しくて
100万回もやったんだ。。。
ガールフレンドもいなくて時間はたっぷりあった。
友達はアルジャーノンだけだった。。。
風磨くん 演技 上手くなったね!
もう 泣いた泣いた。。。
喉の奥が痛くなったよ。

潜在レベルで解決されてしまうと両手を広げるシーン。
美しく神々しいダビンチだったね。

最終回の予告。
咲人が 顔を歪めてる・・・
退行と共に 感情が蘇り そして
退行がさらに進むと。。。。

こうなるんじゃないかなああなるんじゃないかなと
結末を書くのは辞めよう。
皆 それぞれの結末を妄想して
一週間過ごしましょう。

ちょっと 話は飛躍するけど
こんなに美しい俳優を日本に留めておいていいのかなと、、、
ハリウッドに進出できる日本人って
所謂 ガイジンがニホンジンと思う日本人役でのオファーが殆ど。
Pちゃんは 日本人だけど ガイジンが思う日本人らしい顔立ちではない。
人類レベルで 美しい俳優を探している監督の目に
この作品を通して 止まればいいなと 今朝 ふと思いました。

そして 咲人から朔へ、、、
仰天ドラマも決まって 嬉しいね~~~!
とりま 来週以降 ポッカリ心に穴があいてしまうかと
恐れていたけど また 今のビジュのP様に会えるのね



ジャニーズブログランキング ←いつもありがとう



スポンサーサイト
山下智久 | コメント(1)
コメント
そうなんですよね。
ハリウッド…
P様は日本舞台だからの役ではなく
外国舞台の日本人として
いや日本人だったねぐらいの感覚で
いけるはず!
むしろそういう位置を狙いたい。。
10話色々妄想してます、、
切ないけど、心は温まる
本当にいいドラマですね。
それでも、やっぱり涙なしでは、
観られません。
と同時に終わってしまう寂しさも。

管理者のみに表示